ローコスト建売住宅のメンテナンス費用を踏まえ何年住む?

ローコスト住宅は初期費用は安いけど、メンテナンスにお金がかかるので

結局トータルコストでは損をしてしまう、といった意見を目にすることがあります。

果たしてローコスト住宅のメンテナンス費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

今回の記事では、アーネストワンのローコスト住宅で暮らしている私が、

メンテナンス費用の総額を見ながらローコスト住宅に何年住むのが良いのか考えてみようと思います。

 

・ローコスト住宅のメンテナンス費用が気になる人

 

家を維持していくのにかかるお金

こちらはどのくらいしっかりメンテナンスするか、

家に使っている建材がどういったものかで大分違ってきます。

例えば外壁材については、タイルだと20年メンテナンス不要というものがある一方、

サイディング材だと10年くらいで塗装が必要になります。

 

一般的なケースで考えると

5年に1度、防蟻処理・・・坪あたり5千から1万円、1軒あたり10~20万円くらい

10年目に外壁、屋根の塗装、配管洗浄など・・・50~150万円くらい

ローコスト建売住宅だと、外壁は窯業系サイディングになりますが

寿命は30年程度、10年に一度はシーリング打ち換え、再塗装、足場代がかかります。

10年毎に150万円程度かかります。

仮に30年住むとしたら、450万円くらいは外壁メンテナンスだけで必要になってきます。

 

ローコスト建売住宅は家の値段はだいたい1000万円~

30年維持していくとその3~4割程度の費用が外壁だけにかかってしまうんですね。。。

 

さらに、設備費用として給湯器、床暖房などもお金がかかります。

ざっくりと、10年目で50万円くらいはかかるようです。

 

これらをトータルすると、50年ローコスト住宅を持たせる場合のメンテナンス費用は、

約1600万円~といった金額になってくるようです。

月あたりで2.7万円くらいを計画的に準備していく必要があります。

まあ、今の時代、同じ家に50年住み続けるというケースはあまり無いかもしれませんが。。。

 

こちらのサイトで詳しく紹介されていたので、気になる方は見てみてください。

不動産のいろは

近年では高齢世帯や二世帯同居の需要が高まり、平屋も注目されています。家の費用を抑えたいという方には、1000万円台で建て…

 

固定資産税や家電や家具代もかかる

固定資産税は税率1.4%が標準で、地域によって変動しますが、

一般的な戸建てなら平均10~15万円くらいが相場のようです。

私の家もこの範囲に収まっていますね。

 

さらに家電はだいたい10年で寿命を迎えますよね。

新築時に各部屋に設置したエアコン、冷蔵庫、洗濯機などが

外壁塗装のタイミングで買い替え時期を迎えるという恐怖です。。。

こちらはメンテナンスとは関係ありませんが、

家で生活していく上では必要なお金です。

 

 

メンテナンス費用を踏まえて何年住むのか考える

先ほどご紹介したようにローコスト住宅の場合、

50年住もうとすると1600万円以上メンテナンス費用が掛かってしまいます。

そこまでいかなくても、30年くらいでも家はかなり老朽化していて、

大規模なリフォームも必要かもしれません。

 

そうすると2000万円以上のお金が必要になってきますよね。

このメンテナンス費用だと、維持費だけで同じ家を新築出来てしまいます。

ということは、30年くらいノーメンテナンスで耐え抜いて、

そこで立て直すという選択もありなのかもしれません。

 

仮に子供が生まれてから大学に行くまで、就職するまで、という期間で考えても

20~25年くらいで家族構成が変わるので、

このタイミングで家をメンテナンスして維持するのか、建て替えるのか、

または売りに出すのか、考える必要がありますね。

 

売る場合、家の状態が良い方が有利だと思いますので、

ひとまずは10年目のメンテナンスはしっかりしておいた方が良さそうです。

どのような選択をするにしても、お金に余裕があれば自由に動けるので

20年、30年という長い期間、しっかりお金を貯めて備えておくことが大事ですね。

 

賃貸と比較してみる

ちなみに、私が住んでいる地域の場合はファミリータイプの物件だと

月12万円くらいは必要になってきます。

そうすると、更新費などを踏まえて年150万円くらいの家賃が必要になり、

10年で1500万円、30年で4500万円分の家賃が必要になる計算です。

 

1000~1500万(建物価格)くらいで購入したローコスト住宅ですから、

土地価格が大きく値下がりしなければ、

固定資産税を考慮しても20年あれば十分元はとっている感じがしますよね。

家だけ見ればメンテナンス費用を入れても、賃貸よりははるかにお得なので

賃貸と比べるなら、ある程度メンテナンスをするのも良さそうにも思えます。

 

そうすると、こちらの観点からも、ひとまず10年目はメンテナンスを入れて

次の10年を安心して過ごし、20年までにリフォーム、建て替え、住み替え等

どうするのかを決めていくのが良さそうです。

 

ちなみに、ローコスト住宅ではなく高級住宅ならメンテナンス費用が掛からないのかというと

そういうものでもなく、メンテナンス頻度は下げられるけど1回あたりの費用はかさむ傾向にあるようです。

また、購入したハウスメーカーでのメンテナンスを受けなければ保証が打ち切られるので、

高いハウスメーカーで家を建てると、割高なメンテナンス費用を支払う必要があるケースも。

なので、一概にどちらが有利かということは言い切れない面があるようです。

 

まとめ

今回の記事では、ローコスト住宅のメンテナンス費用について書いてみました。

家の維持には大きなお金がかかるんですね。

入手に大きなお金がかかるので、その後のことはつい考えるのを後回しにしがちですが

何十年もローンを組んで、長年住み続ける家です。

メンテナンスのトータル費用も含めて、どう付き合っていくのかを考えていきたいですね。

 

と、色々と書いてみましたが、あまり先のことを考えすぎても疲れてしまいます。

今の生活を大切にしつつ、少しづつ将来のことを考えていきましょう!